おすすめのイソフラボン ~ 健康維持のヘルパー ~

サプリメント

体に良い菌

悪玉菌と善玉菌

お腹

乳酸菌は体に良いとよく聞きます。そのため、普段の食生活からよく乳酸菌を取るよう意識している方も多いと思います。また、日頃からヨーグルトを食べる習慣がある人や、乳酸菌飲料を飲む方も多いと思います。しかし、乳酸菌のどういった所が体に良いのかいまいちよくわかりません。そこで乳酸菌とはどのような菌なのか説明したいと思います。人間の腸内にはそれぞれ悪玉菌と善玉菌という菌が存在します。名前の通り悪玉菌とは体にとって有害な菌のことをいいます。その菌をやっつけてくれるのが善玉菌です。乳酸菌は善玉菌の一種であるため体に良いとされています。そのため、乳酸菌を多くとることが、健康増進に繋がり体に良いと言われているのです。

では、悪玉菌が増えてしまうとどのように体に影響があるのかも説明したいと思います。悪玉菌が増えてしまうと、腸内環境が悪くなり、便秘になります。すると体内に老廃物が溜まってしまい、様々な所に障害が出ています。一番症状が現れやすいのはお肌です。肌荒れを引き起こしたり、吹き出物がでたりなどします。他にも、便秘が酷い方は口臭にでたり、体臭にでたりもします。また、長期期間便秘になると老廃物が腸内で吸収されてしまい、太ってしまうこともあります。そのほかにも、腸内に長期間老廃物が溜まってしまうと、免疫力が低下して風邪などのウイルスに感染しやすくなります。このような症状が起きないようにするためにも、乳酸菌を日頃から摂取して、腸内環境は常に良くしておくことが重要なのです。乳酸菌を多い食品を日頃から摂取する、また乳酸菌サプリメントを生活にとりいれましょう。