記事リスト

建物の健康診断

ビル

診断の目的と効果

建物の健康診断と呼ばれているものが建物診断であり、様々な理由から建物診断を依頼する企業なども増えている。建物診断を行う際の最も多い理由としてあるのが、耐震強度への対策である。オフィスビルなどにおいても耐震強度が重視され、大地震発生時に被害を最小限に抑えることが重要となっている。建物の被害を抑えられることで、建物内で働く従業員を守ることができたり、業務ができなくなることの影響を最小限に抑えることができる。特に築年数の経ったオフィスビルなどにおいては、劣化や過去の耐震基準で建てられていることなどから建物診断を行い状況調査するケースが多い。建物診断を行い、問題がある場合には補強工事を行うなど対策を進めることができる。また、建物診断では新築として建築された建物を診断するということで利用されるケースも多い。新築として建てられたビルなどに欠陥などがないかを、第三者に建物診断してもらうことで問題個所を指摘できるようになる。建物診断では、専門の知識を持った技術者でないと問題を検出できないことが多い。特に、建物では外部などから見ただけでは問題個所を見つけることが難しいためである。建物診断では、専門家により問題となりそうな個所を重点的に見てもらったり、専用の計測機器などを用いて診断してもらうことができる。建物の状況を正しく把握しておくことで、問題個所を素早く把握でき、その後の対策に進めていくことができる。